2006年10月13日

初めまして、まろです

 現在、桜文鳥のヒナを育てており、その成長を写真に記録しています。
 なにやら気持ち悪いほどの速さで成長していて面白いので、成鳥になるまで、写真を公開いたします。

 命名「まろ」。10月5日、板橋区のホームセンターからやって来ました。

まろがうちに来た日3/061005.JPG

 首のあたりに見える黄色いものは、エサをためておく器官「そのう」です。
 この色は、エサの粟が透けて見えているため。すりつぶした青菜をたくさんあげたときには、緑色に見えました。
 店員さんによると「生後二週間ぐらい」だそうです。ちなみに2600円。

 本日のまろ。たった8日間で、かなり文鳥らしくなりました。

まろ&文庫本/061013.JPG

 大きさがわかるように、文庫本を横に置いて撮影。自分の新刊を使うところが、われながら、あざといです。
 体重は、空腹時は21グラム、満腹時は23グラム。一度に自分の体重の一割分のエサを食べるということですね。
 まだ、エサを自分で食べることはできません。
 しかし、一丁前に昨日から飛ぶ練習を始め、本日、50センチぐらいの高さまで飛びました。
 ちょっと鳥かごにも入れてみましたが、すぐに出たがって、扉に飛びついてしまいます。
 時々、さえずるような声を出すので、たぶんオス。
 「まろ」と呼ぶと「チュン」とこたえます。エサをやるときに、いつも名前を呼んでいたので、覚えたようです。
posted by 森奈津子 at 23:47 | TrackBack(0) | 文鳥
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1451806
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック