2006年11月19日

杉並のお風呂屋さん展に行ってきました

 仕事でヘロヘロでしたが、杉並区立郷土博物館の「杉並のお風呂屋さん展」が今月26日で終了なので、あわてて行ってきました。

 新高円寺でバスに乗り、「和田掘公園」なる停留所で下車……したのはよかったのですが、寒い雨の中、いきなりグラウンドにはさまれた寂しい道に放り出されて「ここはどこ?」状態。
 キョロキョロしていたら、ちゃんと「杉並区立郷土博物館 300m」という案内板がありました。ホッ。
 曲がり角ごとに「160m」「50m」という案内がありますので、皆様もこれを目印にしてください。
 そして、4、5分ほどで到着。
 この門は、杉並区内の名主・井口家の長屋門を移設したものだそうです。

杉並区立郷土博物館/061119.JPG

 入場料は100円。
 内部は撮影禁止なので、アップロードする写真もありません。残念!
 展示物詳細は、以下のページでご覧くださいませ。

  平成18年7月23日〜11月26日
  郷土博物館詳細  特別展「杉並のお風呂屋さん」ご案内 
   →すぎなみ学倶楽部内ページ

 もちろん、展示されている番台にも登ってみましたよ。
 中は畳敷きで、一畳の四分の三ほどの広さ。掘りごたつみたいに、足元が一段低くなっていて、座れるようになっていました。

 「杉並のお風呂屋さん展」のパンフレットは300円。
 ポスターは「ご自由にお持ちください」の状態でした。
 銭湯ファンはただちにGO! でございますよ。

 土日は博物館内の古民家(→内部画像)の囲炉裏に火が入り、職員(あるいはボランティア?)のご老人がお茶を出してくださいます。
 障子越しの光と言い、黒ずんだ太い梁と言い、なんともいい雰囲気です。入場料100円は安い!
 この古民家では、餅つきなどの行事もあるそうです(→年中行事)。

 仕事がアレな状態で、簡単なリポートになってしまい、申し訳ないです。
 今日は、豊玉浴場の朝湯にも行きたかったのですが、時間の余裕がありませんでした……。
posted by 森奈津子 at 23:29 | TrackBack(0) | 雑談(銭湯)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1753218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック