2006年11月19日

杉並のお風呂屋さん展に行ってきました

 仕事でヘロヘロでしたが、杉並区立郷土博物館の「杉並のお風呂屋さん展」が今月26日で終了なので、あわてて行ってきました。

 新高円寺でバスに乗り、「和田掘公園」なる停留所で下車……したのはよかったのですが、寒い雨の中、いきなりグラウンドにはさまれた寂しい道に放り出されて「ここはどこ?」状態。
 キョロキョロしていたら、ちゃんと「杉並区立郷土博物館 300m」という案内板がありました。ホッ。
 曲がり角ごとに「160m」「50m」という案内がありますので、皆様もこれを目印にしてください。
 そして、4、5分ほどで到着。
 この門は、杉並区内の名主・井口家の長屋門を移設したものだそうです。

杉並区立郷土博物館/061119.JPG

 入場料は100円。
 内部は撮影禁止なので、アップロードする写真もありません。残念!
 展示物詳細は、以下のページでご覧くださいませ。

  平成18年7月23日〜11月26日
  郷土博物館詳細  特別展「杉並のお風呂屋さん」ご案内 
   →すぎなみ学倶楽部内ページ

 もちろん、展示されている番台にも登ってみましたよ。
 中は畳敷きで、一畳の四分の三ほどの広さ。掘りごたつみたいに、足元が一段低くなっていて、座れるようになっていました。

 「杉並のお風呂屋さん展」のパンフレットは300円。
 ポスターは「ご自由にお持ちください」の状態でした。
 銭湯ファンはただちにGO! でございますよ。

 土日は博物館内の古民家(→内部画像)の囲炉裏に火が入り、職員(あるいはボランティア?)のご老人がお茶を出してくださいます。
 障子越しの光と言い、黒ずんだ太い梁と言い、なんともいい雰囲気です。入場料100円は安い!
 この古民家では、餅つきなどの行事もあるそうです(→年中行事)。

 仕事がアレな状態で、簡単なリポートになってしまい、申し訳ないです。
 今日は、豊玉浴場の朝湯にも行きたかったのですが、時間の余裕がありませんでした……。
posted by 森奈津子 at 23:29 | TrackBack(0) | 雑談(銭湯)

2006年10月18日

興味深い銭湯エッセイを見つけました

 9月に温泉に入りまくっていたのですが、そのリポートを今頃まとめているため、なかなか銭湯ネタに戻れません。申し訳ありません。
 他の方のサイトで、興味深い銭湯エッセイを見つけましたので、よろしかったらご覧くださいませ。

 東京深川物語8 銭湯「Forever Downtown」より)

 この後、私の温泉ネタは、大黒屋(別府市・鉄輪温泉の自炊宿)、駅前高等温泉(別府市の共同浴場)、鉄輪むし湯(別府市・鉄輪温泉)、ホテル松政(山口市・湯田温泉)と続きます。
 そして銭湯リポートが、浅間湯(練馬区)、南湯(練馬区)、桃仙浴場(豊島区)。
 10月9日の杉並浴場組合80周年記念フェスティバルのリポートも書きますぞ!
 一日一本まとめても、8日かかるのか……。
 また締切が近づいてきていて、余裕なくなっています。すみません。
posted by 森奈津子 at 23:55 | TrackBack(0) | 雑談(銭湯)

2006年10月15日

銭湯探しのポイント

 銭湯巡りが趣味になると、初めて訪れる街で、地図を片手に銭湯を目指すことも多くなります。
 しかし、他の建物に隠れて、なかなか目的の銭湯が見つからないこともある。
 そこで、銭湯を見つけるためのちょっとしたポイントを、まとめてみました。

1.住宅街の中の商店街は要注意。
 住宅街の中にポツンとある銭湯を目指しているあなた。しかし、なかなか見つからない。
 そんなときには、駅の近くでもないのに突然現われた商店街に注意してください。
 住宅街のど真ん中でも、銭湯のまわりは商店が集まっていることが多いものです。

2.美容院(床屋)とクリーニング屋とそば屋に注意。
 銭湯の近所には、しばしば、美容院(もしくは床屋)とクリーニング屋とそば屋がセットであるものです。
 美容院や床屋は、銭湯できれいになったついでに行く人が多かったからでしょう。
 クリーニング屋は、わかりやすいですね。銭湯で脱いだ服をそのまま出せるというわけです。
 理由は知りませんが、そば屋も銭湯のすぐ近くに多く見られます。
 銭湯最盛期に、人が集まりやすい銭湯の近所に開店し、そのまま残っているということでしょうか。

3.煙突を探せ。
 美容院やクリーニング屋があったら、銭湯のすぐ近くまで来ているという可能性大です。
 空を見あげて、銭湯の煙突を探しましょう。

4.コインランドリー横の路地に入れ。
 煙突は見つかったのに、入り口がわからない……。
 そんなときには、銭湯に隣接していることが多いコインランドリーを見つけましょう。
 コインランドリーの横に、民家に続くような路地があった場合は、臆せず入ってゆくと、奥に銭湯の入り口があることも。しかし、本当に民家に続いていたら、こっそり戻ってください。
posted by 森奈津子 at 16:58 | TrackBack(0) | 雑談(銭湯)

2006年10月08日

練馬区の銭湯に行ったのですが

 10月8日、練馬区の銭湯では、銭湯の日を記念して、ラベンダー湯、記念タオルの配布ならびに抽選プレゼントを実施!――という情報を、東京都浴場組合のページより得て、西武池袋線江古田駅近くの浅間湯に開店とほぼ同時に行ったのですが、残念ながらタオルはもらえませんでしたし、ラベンダー湯もやっていませんでした。
 フロントの方に訊いたら、10日に実施だとのこと。
 「都内の銭湯では10月10日に実施するラベンダー湯を、練馬区では8日に実施」という修正が一旦あったからには、8日決行だと信じていたのに……トホホ。
 確かに、練馬区浴場組合の銭湯の日のイベントお知らせページをよく見ると、「ラベンダー湯実施日は各浴場にごとに異なる場合がありますので、詳細は各浴場にご確認ください」とあります。
 浅間湯は気持ちよかったからいいけれど、ラベンダー湯とタオルと抽選を楽しみにしていたので、かなりの肩すかしでありました。
 浴場組合よ、たのむから、イベント実施日は統一してくれ……。
 そもそも、実施日を統一できない理由って、なんなのでしょう?(定休日が重なるのでしたら、わかりますが)
 嫌味とかではなく、心から疑問に思っています。
posted by 森奈津子 at 19:10 | TrackBack(0) | 雑談(銭湯)

2006年10月07日

10日は銭湯の日イベント!

 10月10日は「銭湯の日」ということで、都内の銭湯ではラベンダー湯を実施するそうです。
 詳しくは、東京都浴場組合内のご案内ページ「地域別ラベンダー湯実施日」をご覧ください。
 10日以外に実施する区もあるので、うまくすればラベンダー湯のはしごもできるなぁ……。

 また、ラベンダー湯以外の催しを、「銭湯かわら版」より以下に抜粋します。

<千代田区>10月10日(火)はラベンダー湯を実施。12歳未満の児童は無料入浴サービス。
<港区>10月11日(水)は区民無料入浴サービスを実施。港区民の方は無料入浴サービス。
<墨田区>10月7日(土)、8日(日)は「すみだ祭り」(錦糸公園)に墨田浴場組合が出展。両日とも午前、午後の2回、先着250名に銭湯グッズ、スタンプラリーカードなどのプレゼントを実施。
<江東区>10月10日(火)は銭湯の日につき、江東区在住の方は無料。また銭湯の日記念事業として「銭湯めぐりウォークラリー」を10月9日〜末日まで実施。参加された方には参加賞を進呈。
<杉並区>10月9日(月祝)は杉並浴場組合80周年記念フェスティバルを杉並区役所庁舎玄関前(10時45分〜15時半)、杉並区立郷土博物館(13〜16時15分)にて同時開催。イベントを多数実施するほか、1010記念タオルをプレゼント。
<世田谷区>10月15日(日)は、第15回世田谷風呂祭りを行います。当日はラベンダー湯を実施するほか、入浴券やタオルなどがあたるクジ引きを実施。
<練馬区>10月8日(日)は銭湯の日を記念して、ラベンダー湯、記念タオルの配布ならびに抽選プレゼントを実施。


 わ、私、8日は練馬区の銭湯に行って、記念タオルをもらいます!(興奮)
 あと、9日の杉並浴場組合記念フェスティバルにも行きたいのですが……うーん、うーん、仕事の締切が……。

 ところで、東京都浴場組合が発行しているPR誌「1010」を愛読しているのですが、このタイトル、なんて読むのでしょうか?
 私は「セントウ」と読むのだと思っていたのですが、数年前、杉並区の某銭湯の大旦那が「イチレイイチレイ」だとおっしゃっていたのです。
 しかし、私は納得できず、今でも「セントウ」と読むのだと固く信じています。
posted by 森奈津子 at 16:40 | TrackBack(1) | 雑談(銭湯)

2006年09月17日

明日は敬老の日イベント!

 明日9月18日(月)敬老の日、都内の銭湯ではお年寄りを対象にした様々なイベントを企画しています。
 ぜひ、おじいちゃん、おばあちゃんに教えてさしあげてください。
 以下は、東京都浴場組合HPの「銭湯かわら版」より抜粋。

<港区>区内在住の65歳以上の方は無料入浴サービス。
<荒川区>ふれあい入浴デー。先着120名様の大人の方にヤクルトを進呈。
<江東区>区内在住の65歳以上の方、および小学生以下のお客様は無料入浴サービス。
<足立区>65歳以上の区民の方は割引料金で入浴できます。
<江戸川区>「お背中流し隊」を実施。小学校高学年・中学生が熟年世代の背中を流してくれます。
<中野区>区内在住の65歳以上で各浴場に登録してある方は50円で入浴できます。
<練馬区>よもぎ湯を実施します。70歳以上の方は100円で入浴できます。


 うは! 江戸川区は「お背中流し隊」ですか! かわいい! 見に行きたい!
 荒川区は「大人にヤクルト」……つまりは、私も対象になるということですな。

 私は本日17日、練馬区の豊玉浴場の朝湯(日曜限定)に入ってきたのですが、すでによもぎ湯、70歳以上100円を実施していました。

 これは入り口の貼り紙
り紙2/060917.JPG

 フライングかサービスかは定かではありませんが、よもぎ湯は入浴剤ではなく本物で、とてもいい香りがしました。
 豊玉浴場のリポートは、また後日、アップロードします。
posted by 森奈津子 at 13:16 | TrackBack(24) | 雑談(銭湯)

2006年09月12日

「杉並のお風呂屋さん」展

 杉並区の郷土博物館にて、特別展「杉並のお風呂屋さん」が開催されています。

 平成18年7月23日〜11月26日
 郷土博物館詳細  特別展「杉並のお風呂屋さん」ご案内
 そして、「杉並のお風呂屋さん」展を楽しんだ後は、せっかくなら、次のようなコースで帰りたいものです。

 ・郷土博物館→バスでJR中央線高円寺駅へ→徒歩2分の宮下湯で入浴→高円寺駅

 又は

 ・郷土博物館→徒歩で京王井の頭線永福町駅へ(1.5キロ)→徒歩1分のゆあみランド永福で入浴→永福町駅

 宮下湯か、ゆあみランド永福か……迷います。
 宮下湯は行ったことがないので、行きたい。
 ゆあみランド永福は、何度か行ったことがあるのですが、森林浴風呂が気持ちよく、非常にリラックスできる。
 しかし、私はしばらく博物館や美術館には行かれそうにありません。仕事が修羅場と化しつつあるのです。
 早く締切を終えたい……。
posted by 森奈津子 at 10:08 | TrackBack(0) | 雑談(銭湯)

2006年09月08日

銭湯巡りのチェック項目

 各銭湯のデータは、浴場組合のHPをチェックすれば、場所、営業時間、定休日、主な設備等は把握できますから、自分が銭湯リポートをまとめるときには、しっかりと重箱の隅をつっついてみたいわけです。
 そこで、以下のようなチェック項目を作ってみました。

・受付(フロントか番台か。そして美人女将はいるか?)
・休憩コーナーの有無(ドリンクの種類も気になる)
・時計の有無(脱衣所だけでなく、浴室にもほしい)
・BGMの有無(音楽ジャンルも。しかし個人的にはなくてよいと思っている)
・島シャワーの数、立ちシャワーの数(そしてハンドシャワーか?)
・洗い場の鏡の形状(横長の鏡か、個別の鏡か)
・浴槽の数とその構成(寝風呂、泡風呂、露天風呂、電気風呂、備長炭風呂、ハーブ湯等、すべてを語りたい!)
・壁画(ペンキ絵かタイル絵か無地か。そして富士山の有無)
・床、壁、天井(床や壁のタイルの色、天井の形状等、しつこくチェック)
・洗面器と椅子(色や形をチェック)
・客(人数、そして客層)

 そんなわけで、どうぞよろしくお願いします。
posted by 森奈津子 at 11:08 | TrackBack(0) | 雑談(銭湯)